L o u f r e a s y ( ラ フ リ ジ ー )

 

りくたろう 主宰・オーガナイズ

 

東京・渋谷にあるギャラリーカフェ

 G a l l e r y   C o n c e a l

(ギャラリーコンシール ) 

 にて

 

写真・絵画・フラワーアート・アクセサリー・書道など

アート作品の作品展示と

 

音楽・ダンス・お笑い・マジックショー

などのライブパフォーマンス

 

全てを一度に楽しめるイベントを不定期開催中


毎回200人以上の方にご来場頂いている

 

『Loufreasy(ラフリジー)』

 

 

 

『 L a u g h (笑い) 』

 ×

『 R o u g h (気楽な) 』

×

『 F r e e (自由な) 』

×

『 E a s y (気軽な) 』

 


 『 L o u f r e a s y (ラフリジー) 』

 

 

どんな人に対しても開かれている、ボーダーレスで自由な空間

いつもたくさんの人たちの笑顔が溢れているステキな場所


この言葉には、そんな想いが込められています

 

 



 

一つ目のテーマは “ 新しい出会いと発見 ”


 

 


『人と人との新しい出会いとつながり』

 

 

電話やメール・インターネットなどコミュニケーションの急速なデジタル化に伴って

その気があればボタン一つで様々な情報が手に入ってしまう現代―

そんなデジタルツールに依存して

人と人との触れ合いを忘れてしまうのはとても寂しいことですが

かといって

『デジタル化は危険だ』

 

と拒絶し


携帯も パソコンも テレビもエアコンもない昔の生活に戻そう、というのは


残念ながら今のぼくたちにとっては
とても難しいことだと思います

 

 

こんな便利な時代だからこそ

人と会って 人と話して 人から何かを感じる

人と人とのリアルな触れ合いの大切さを見直し

そしてそれを補い、さらに発展させるために

デジタルの持つ可能性を最大限に活用し、融合・昇華させる

 


デジタルへの依存ではなく

“人間が主体のデジタルとの共存 ”

 


そして

 

 

この日 この時間 この場所にしかない価値観

 

 

 

 

 

 

 

 


自分の目で見て  

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の耳で聴いて 

 

 

 

 

 

 

自分の心で感じて

 

 

 

 

 

 

そこに集まった

様々な価値観を持つ様々な人たちと触れ合うことでしか得ることのできない

体温をもったコミュニケーション

 


新しいカタチでの “ リアル・コミュニケーション ” を

『 L o u f r e a s y 』が再定義します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目のテーマは “ 新しい価値観とメッセージの発信 ”

 

 

銃やミサイルなどの武器や暴力

 

汚いお金や権力などに頼るのではなく



 『Loufreasy 』 に出演してくれている

 

 

 

 

 

 

パフォーマーのパフォーマンスや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーティストの展示作品

 

 

 

 

 

『 L o u f r e a s y 』 が毎回打ち出す

 

 

 

 

 

様々なコンセプトやメッセージ性を持った

特別企画

 

 

 


自分達の大好きな表現手段を使って

自分たちにしかできはい方法で、メッセージを発信していく



地球環境やecoのこと

世界の平和や大切なヒトの幸せ

現代社会の抱える問題や、未来に生きる子どもたちへのメッセージ


そして


自分が大好きな

“ 本当にやりたいこと ”にかける

自分自身の情熱

そんな

自分たちなりのメッセージを発信して

 

自分たちなりの方法で社会に貢献して

日本を

世界を変えていく


『 L o u f r e a s y 』 は、そんな空間創りを目指します

 



そして、それらの要素を融合・昇華させた三つ目のテーマは




 

 

 

 

“ 純粋に何かを楽しむ ” ということ



人間は


“ ココロ ” で生きる生き物なので

 

 

 

 

 

 

“ 嬉しい ” 

 

 

 

 

 

 

“ 楽しい ”

 

 

 

 

 “ HAPPY ”

 



そんなポジティブな感情には


きっと何かを変えられるような

前向きなパワーがあると思います


物質的な豊かさばかりを追い求めて

いつしか心の豊かさを見失ってしまった現代社会

長引く不況や悲しい事件など

何かと暗い話題が目についてしまう元気のない日本



先の見えない未来や不安から、前を向くことを忘れてしまった若者たちへ―

繰り返しばかりの単調な毎日

時間にばかり追われる忙しい日々を送るうちに
いつの間にか心の豊かさを失くしてしまっている大人たちへ―


そして


こんなとき

こんな時代だからこそ


“ 純粋に何かを楽しむ ” ということの大切さを

『 L o u f r e a s y 』 が再定義します

 

 

最後に…      


彼のダンスを初めて見たときの気持ちを

ぼくは一生忘れることはできないでしょう

もともと友人だった彼

いつもは

どちらかというと控えめで

そんなに主張するようなタイプではなかった彼

そんな彼がダンスイベントに出るというので

なんとなく観に行ったとき


驚嘆、羨望、湧き上がってくる賛美と憧憬、そして理由の分らない焦燥と嫉妬…


世界中に存在するありとあらゆる形容詞を掻き集めても
あの時の気持ちを言い現すことはできない


安っぽいスポットライトとタバコの煙

そして仲間からの温かい野次が飛び交うステージの上で

彼が踊っていました


メッセージ性と世界観に溢れ

そして悔しいくらいにくらいカッコいいダンスを


自分が本当に好きなもの・興味があることを

今の自分が本当に知っているとは限らない

 

 

ダンスに全く興味のなかったぼくが

ダンスの面白さを知り

ダンスを好きになるきっかけになったあの瞬間

ぼくは一生忘れないと思います


“ 今まで見たことのなかったものを初めて見た時の驚き “ 

 

“ 知らなかったことを知れたときの喜び “ 



その後の自分の人生に大きな影響を与えてくれる “ 運命の出会い ”

そんな瞬間の記憶は

ぼくだけではなくどんな方でにもあるのではないでしょうか



でもそれは

偶然その日、彼がダンスイベントに出て

偶然その日、ぼくが何の予定もなくて

偶然なんとなく、観に行ってみようかと思った

そんな

ほんの小さな “ 偶然 ” の集合体でしかないのです




例えば

『りくたろうが写真展示するって言ってたし、暇だから行ってみようか』 

なんて軽い気持ちで来てみたら

たまたまやってたダンスが凄くカッコよくて思わずそっちに見入ってしまったとか



音楽のライブとか美術展とかに興味はあるのに
土日は土日で予定があってなかなか行く機会がなかったけど

仕事帰りにフラッと寄っただけで色々まとめて楽しめたからいい機会になったとか


最近忙しくて忘れてたけど

今日、心の底から楽しそうにパフォーマンスをしているパフォーマーの姿を観て
学生時代、バンド活動に明け暮れた時の熱い気持ちを思い出したとか


これもひとつの『出会い』だと、ぼくは思います

毎回、あえて平日・火曜の18時~23時という日程で開催しているのも

元々芸術やサブカルチャーなどに興味のある方はもちろん


普段なかなかそういうものに触れる機会の少ない方とか

興味はあるけどなかなか行く機会に恵まれなかったという方にこそ

是非遊びに来て頂きたいからです


だから内容も、音楽ありダンスありお笑いありマジックショーあり

写真ありグラフィックあり立体アートあり花ありアクセサリーあり…

『面白いこと』 ならなんでもありなんです

 

 

何か一つでいいんです


何か一つでいいから

あなた自身が

あなた自身の目で  耳で  心で


新しい『何か』を見つけて頂く


新しい『人』との出会い

新しい『自分』との出会い

新しい『何か』を見つけたり

忘れていた『何か』を思い出したり


『 L o u f r e a s y 』が

そんなステキな『出会い』や『発見』の

小さなきっかけになれれば幸いです

 


『楽しい』のカタチは一人一人違います


『何かを本気で楽しみたい』という純粋なキモチを持った人たちが集まって

大人も若者も子供もごちゃまぜになって

いつの間にか、みんなの『楽しい』がカタチになって


そしてそこからまた

新しい時代が

新しい日本が


新しい “ 何か ” が生まれていく


 

 

『 L o u f r e a s y 』 で



皆様にも


ステキな“ 出会い ”がありますように…

 

 

 

 

      PHOTO BY AKINA

            りくたろう